コードブルー2

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俳優の田村正和(67)が、来年1月期のテレビ朝日系ドラマ「告発~国選弁護人」(木曜・後9時)で、約4年ぶりに連ドラ主演する。田村が演じるのは、弱者のため正義のために戦う国選弁護人。共演は真矢みき(46)、相武紗季(25)、橋爪功(69)らで、ゲストでも木村多江(39)、釈由美子(32)、市原悦子(74)ら豪華な顔ぶれがそろった。

 田村が4年ぶりに連ドラに帰ってくる。満を持して、来年のテレビ朝日の木曜夜の顔を務める。

 田村が演じるのは国選弁護人・佐原。報酬は度外視し、真実を見いだすまで戦い続ける。田村の“事件モノ”と言えば、フジテレビ系「警部補 古畑任三郎」の印象が強いが、謎解きの要素が強かった「古畑―」に対して、今回は1人の人間として依頼人に寄り添うことで、心理の中に真実を見いだしていく。強さも弱さも抱えた人間くさい弁護士を熱く演じる。

 共演者も豪華だ。レギュラー陣では、佐原の亡き妻の妹・田中純子に真矢、佐原の1人娘・鶴子には相武。旧友の弁護士・岡部雅也は橋爪が演じる。このほか、弁護士仲間に近藤芳正(49)、松尾敏伸(33)、鶴子のフィアンセで山口智充(41)が出演する。また毎回のゲスト出演者に、木村、釈、市原のほか、原沙知絵(32)、若村麻由美(43)、国仲涼子(31)が決まった。

 撮影は昨冬から始まり、連ドラとしては異例の制作日数が掛けられている。重厚な法廷ドラマはもちろん、綿密に練られたストーリーと実力派俳優たちの演技対決、丁寧な心理描写などが見どころとなる。

 田村にとって、連ドラ主演は06年7~9月のTBS系「誰よりもママを愛す」以来約4年ぶり。同局の連ドラでは78年5~10月の「若さま侍捕物帳」以来約33年ぶりとなる。


テレ朝、ドラマに気合入ってるな!どうしたんだろう?






 最強最悪の“凄(すご)ワル”刑事が巨悪を狩る! 俳優高橋克典(45)が来年1月にスタートするテレビ朝日系ドラマ「悪党~重犯罪捜査班」(金曜午後9時)で主演を務めることが16日、分かった。連続刑事ドラマ初主演の高橋は「俳優陣は個性的な魅力を持った方ばかり。どんなチームが誕生するか楽しみ」と胸を躍らせている。

 「相棒」など刑事ドラマに定評のあるテレ朝系で異色の物語が誕生する。プロファイリングなど心理捜査をテーマにした刑事ドラマがブームの中、事件解決のためなら手段を選ばない鬼刑事たちが主人公だ。

 高橋が演じるのは、神奈川県警横浜港町署の刑事課第四係主任(巡査部長)の「富樫正義」。罪のない庶民を「ウサギ」にたとえ「傷つくのは、いつだって何の罪もない弱いウサギたち。ハイエナを倒せるのは、ハイエナだけなんだ!」と“目には目を”を地でいくような決めぜりふを吐く。

 注目されるのは、違法スレスレの捜査手法だ。小泉孝太郎(32)や内山理名(29)らが演ずる捜査員6人は、脅迫まがいの取り調べや、捜査対象者の弱みを握って情報を吸い上げ金品までいただくなど、あってはならない手法を駆使してみせる。

 「刑事なのに『悪党』というタイトルは正直、いかがなものかと思った」と高橋も苦笑。撮影開始を前に「富樫をどんなキャラクターにするか、じっくり考えたい。一番初めにやることは、時代劇の撮影で京都での暮らしが続いていたので、東京の生活に慣れることと、剃(そ)った生え際を伸ばすこと」と冗談を飛ばす。

 深沢正樹脚本。主題歌はロックバンド「S.R.S」、オープニングテーマはK-POPの「4Minute」が歌う。





俳優船越英一郎(50)が、来年1月スタートのテレビ朝日系木曜ミステリー「ホンボシ~心理特捜事件簿~」(木曜午後8時)に主演することが10日、分かった。

 船越が演じるのは元心理学者で医師だった過去も持つという特別捜査官だ。相手の表情やしぐさからうそを見抜き、心理実験を仕掛けながら事件の真犯人=ホンボシを暴いていく。さまざまなうそのつき方や見破り方なども描かれ、「ドラマが始まるとうそつくのが大変になりそう」と船越もドキドキしているという。

 船越は米国でブームになっている「ライ・トゥ・ミー」や「ザ・メンタリスト」などの心理ドラマを多く見ており、「息子がごっそり借りてきて一緒にハマっちゃって。日本でもこういうドラマをやりたかった。僕と一緒に犯人を捜しながら、僕にもだまされないようにホンボシに迫っていく参加型の楽しみ方をしてほしい」とPRした。

 多忙に加え、妹と母親を相次いで亡くすなどのストレスから船越は8月に末梢(まっしょう)性顔面神経マヒを発症、現在は回復した。船越は「今年はいろんなことがありましたから。50歳になって節目を迎えるとこんなにもいろいろあるのかと。だからこの作品は僕の50代のリスタートとして代表作にしていきたい」と意欲を見せた。

 来年1月期は、フジテレビが松下奈緒(25)主演で心理学と行動分析から事件にアプローチする刑事ドラマを、TBSも北川景子(24)主演で心理学をテーマにした刑事ドラマが予定されている。日本にも心理ドラマブーム到来となるか、注目を集めそうだ。



どうかテレビ局同士で同じような題材を使ったドラマを制限してほしい。偶然じゃないんだろう、どうせ。
心理学とか言って同じ事件になったら興ざめだし。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuutonn.blog82.fc2.com/tb.php/741-ef82ffc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。