コードブルー2

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
邦画配給大手の東宝は12月15日、東京・有楽町の同社で2011年度のラインナップ発表会を行った。「AKB48」の前田敦子が初主演を務める「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」やスタジオジブリの最新作「コクリコ坂から」のほか、織田裕二の主演最新作「映画版外交官・黒田康作(仮題)」や大ヒット作の映画化第2弾「カイジ2(仮)」など磐石の布陣となった。

この日、製作が明かされたのは「コクリコ坂から」「映画版 外交官・黒田康作(仮題)」「カイジ2(仮)」。「コクリコ坂から」は、宮崎駿監督の長男である宮崎吾朗監督が「ゲド戦記」以来5年ぶりにメガホンをとる。「映画版 外交官・黒田康作(仮題)は、織田主演で大きな話題となった「アマルフィ 女神の報酬」の続編。今回は、イタリアから情熱の国スペインへと舞台を移す。藤原竜也主演の「カイジ2(仮)」は、前作公開時に続編製作が明かされており、今回の発表はファンにとって吉報だ。

アニメも「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」「名探偵コナン 沈黙の15分」「劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ ビクティニと黒き英雄」「劇場版NARUTO-ナルト-2011(仮)」と人気作が顔をそろえ、合計31作品は質・量ともに圧倒的なラインナップ。2010年度は他の追随を許さない興行展開をみせた東宝だけに、来年度も隙のない顔ぶれといえる。
 


「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」がAKB48の前田敦子主演だそうで。モチーフはおなじAKB48の峰岸みなみだそうですが、いかんせん知名度に劣るので興行収入的な配慮なんでしょうね。選挙なんて結局あってないようなものなのでしょう。






「コクリコ坂から」
スタジオジブリの新作に、高橋千鶴さんの少女マンガ「コクリコ坂から」がアニメ化されることが15日、明らかになった。「ゲド戦記」の宮崎吾朗監督で、横浜を舞台に女子高生の初恋物語が描かれるといい、11年の夏公開予定。 

 「コクリコ坂から」は、佐山哲郎さん原作で、80年に少女マンガ誌「なかよし」(講談社)で連載されたマンガ。宮崎駿監督が30年以上前から愛読していたといい、コミックスは絶版になっていたが、スタジオジブリの企画・編集で今年7月に角川書店から新装版が発売されていた。

 小松崎海は、おさげ髪の平凡な高校生。船乗りの父は事故で行方不明、写真家の母は撮影で海外を飛び回っており、祖母の花と妹の空、弟の陸の世話をしながら留守宅を守っていた。学校では新聞部の風間俊と生徒会長の水沼史郎が起こす騒動に巻き込まれ、家族を巻き込んでドタバタな毎日を送る、東京オリンピック目前の昭和38年を舞台にしたギャグあり、ラブストーリーありの青春マンガ。タイトルの「コクリコ」とはフランス語で「ひなげし」のこと。

 新装版には「宮崎駿氏推薦!」の帯付きで、「少女マンガは映画になり得るか、ただいま、企画検討中です」とスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーのコメントが掲載されている。(毎日新聞デジタル)


息子が監督。ゲドはあんまし評判は良くなかったようですが。




名探偵コナン沈黙の15分

[シネマトゥデイ映画ニュース] そのアニメとは思えないスリリングな展開で人気を博す劇場版『名探偵コナン』シリーズ最新作『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』の公開が決定した。今作は、劇場版『名探偵コナン』シリーズ15周年の記念作品。コナンは、都知事あてに届いた地下鉄爆破の脅迫状から巻き起こる事件に立ち向かっていく。


 「見た目は子ども、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」というセリフの通り、並外れた鋭さで難事件の数々を解決する江戸川コナンが活躍するミステリーアニメの劇場版『名探偵コナン』シリーズ最新作が、今年も発表された。劇場版15周年記念作品となる今作では、都知事あてに届いた地下鉄爆破の脅迫状から巻き起こる事件に名探偵コナンが立ち向かう! 地下鉄爆破は免れたものの、事件の真相を求めてコナンたちは新潟県の雪原へ。8年前に起こった悲劇の事故までが絡み合い、コナンは大惨事に巻き込まれていくという。

 オフィシャルサイトに掲載された特報では、雪原で「新一、もし近くにいるのなら助けて。助けてよー!」と叫ぶ蘭の姿も収められており、そのスリリングな展開は健在! 劇場版15周年記念作品としてますますパワーアップしているであろう劇場版『名探偵コナン』。今年もゴールデンウイークには劇場に足を運ぶこととなりそうだ。

映画『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』は2011年4月16日全国公開



映画第15弾だそうです。すごいです。タイトルの15分は、掛けているんでしょうね。
それにしても月曜7時から土曜6時に移動しても視聴率が変わらない。むしろ高くなっている。ミュージックフェアより高い。なんでだろう。やっぱG帯じゃアニメは合わない時代かな。

http://www.conan-movie.jp/

予告はめちゃくちゃ面白そう。つか副都心線が爆破されんのか?
新一云々は予告編では毎度お決まりってかんじですね。雪山密室ものなのか?


 


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/01/04(火) 11:27 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/12/20(月) 11:21 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuutonn.blog82.fc2.com/tb.php/737-5c821ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。