コードブルー2

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 8月16日に12歳年下の一般女性と入籍した俳優の織田裕二(42)が30日、都内で結婚後初のドラマとなるフジテレビ・関西系の主演ドラマ「外交官・黒田康作」(来年1月スタート。木曜、後10・00)のクランクインを迎えた。
 織田にとって、08年7月の「太陽と海の教室」以来となる連ドラは、興行収入36・5億円を記録した主演映画「アマルフィ 女神の報酬」(昨年7月公開)の続編。映画版の舞台は伊・アマルフィだったが、ドラマ版では日本、米・サンフランシスコ、メキシコの3カ国で邦人を守るために奔走する、クールな黒田を描く。
 撮影初日から織田は、「『外交官・黒田康作』は回を重ねるごとに繰り広げられる人間ドラマがとても楽しみです。黒田の行動は、僕自身にも勇気を与えてくれます」と気合十分。海外ロケも予定されているハードスケジュールを、新婚パワーで乗り切ることになる。
 織田以外のキャストは映画版から一新され、ヒロインを務める柴咲コウ(29)とは、06年の映画「県庁の星」に続く共演。頼りない女刑事・大垣利香子を演じる柴咲は、「いつも一本気な織田さんから学ばせていただいてます」と絶対的な信頼を寄せている。ほか出演は、香川照之(44)、夏帆(19)、草刈民代(45)ら。


フジテレビ開局50周年記念映画「アマルフィ女神の報酬」の続編です。アマルフィは劇場で観ましたが、動機が弱かった気がします。ヨーロッパの景色は綺麗です。
そして、2011年度の東宝のラインナップによれば既に「外交官・黒田康作」と劇場公開が決まっているそうです。舞台はスペイン。ただ単に制作者がヨーロッパに行きたいだけな気がしますが。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuutonn.blog82.fc2.com/tb.php/736-43321e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。