コードブルー2

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俳優・渡部篤郎が、来年1月期放送の関西テレビ・フジテレビ系新ドラマ『美しい隣人』(毎週火曜 後10時 ※スタート日未定)で、女優・仲間由紀恵と檀れいに翻弄されるという役柄で出演することが28日、わかった。檀れい演じる“美人妻”絵里子の夫ながら、謎多き美女・沙希(仲間)に誘惑されるなど、男として“オイシイ”配役となった渡部は「正直言って、素敵な2人です。僕自身も良い勉強になるし、パワーも頂いているし、現場は本当に楽しいですね」と、撮影を満喫しているようだ。


 同作では、仲間がこれまで『トリック』(テレビ朝日系)シリーズ、『ごくせん』(日本テレビ系)シリーズなどで魅せてきた“コミカル路線”を封印。奥ゆかしく魅力的かつ、どこかミステリアスな“魔性の女”沙希を演じる。平凡な家庭で幸せに暮らす主婦・絵里子(檀れい)の隣に引っ越してきたことを境に、思いがけない出来事で様々なものが崩れ出す…というストーリーが展開する。民放の連続ドラマのレギュラー初出演の檀は「仲間さんとのやり取りが、ドラマの上でも、演じ手の1人としても楽しみです」と、仲間との予測不能な“融合”に期待を膨らませる。一方、仲間も「やわらかくて温かい家庭を想像させてくださるような、全部を母性で包むような雰囲気を持っていらっしゃる」と檀の印象を明かした。

 2人の美女に翻弄される渡部は、これまでにストーカー役やナーバスな一面を持つ刑事役を演じるなど、個性的なキャラクターを数多く熱演。近年では映画『コトバのない冬』(主演・高岡早紀)で長編映画の監督デビューを果たすなど、その活動の幅は多岐にわたる。今作について渡部は、「久しく、このジャンルのドラマは無かったと思う。作品として、大変重みのあるものになっています」と自信をのぞかせた。

 すでに撮影は8月末よりスタート。役作りでは“バランス”を大切にしているという渡部は、「いつも気持ちをプレーンにして、自分のフィーリングと現場のフィーリングを合せながら真剣に取り組んでいます」と語る。女優陣へは「自然に、現場の良い雰囲気作りのお役に立っていければと思っています」と、ベテラン俳優ならではの視点から、劇中でぼっ発する“女のバトル”のサポートを約束。また、このほど現場で行われた慎二の母役(矢野美津子)を演じる草笛光子と共に、10月30日に誕生日を迎える仲間のサプライズバースデーにも参加し、笑顔で祝った。

 なお、ドラマには沙希と絵里子の近所に住む友人に三浦理恵子を起用。そのほか、高地東生、鈴木砂羽、森山栄治、南圭介、小林正寛、武野功雄、藤井美菜、青山ハル、左右田一平がキャストとして名を連ねる。話題の役者陣が脇を固めるなか、仲間と檀の“掛け合い演技”により一層、期待がかかる。


主題歌は東方神起だそうです。はあ。
妙に気合が入ってますね。撮影は年内に終了しそうですね。確か泉ピン子と共演した「ジョシデカ」も早撮りで、韓国の人も出て、尚且つコケた。
ギルティもそうですが、火10は暗いですね。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuutonn.blog82.fc2.com/tb.php/735-5838b3a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。