コードブルー2

2010/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始に恒例のおバカなバラエティーをタレ流し続けたテレビの年間視聴率がビデオリサーチ調べ(関東地区)で分かった。昨年の年間視聴率はゴールデン(19〜22時)、プライム(19〜23時)、全日(6〜24時)の各時間帯で13.0%、12.9%、8.3%だったフジテレビが7年連続で3冠王を達成。切り崩しに必死だった日本テレビが各時間帯とも2位で、またしてもフジに屈する結果になった。
 これで今年こそ面白くなるのがフジ対日テレの視聴率争い。フジは地デジへの完全移行が予定されている7月に大幅改編を予定しているが、日テレは一足先の4月改編で攻勢をかける。
 まずゴールデン・プライムでは木曜放送の「ミリオンダイス」や火曜の「魔女たちの22時」を打ち切りにする。また、全日帯では、朝の長寿番組にして高視聴率を誇った「ズームイン!!SUPER」を打ち切る。3月にMCの羽鳥慎一が退社するのを機に決断し、タイトルも変えて番組を一新するという。また、昼の情報番組「DON!」、日曜朝の「TheサンデーNEXT」もリニューアル。「DON」の後番組には南原清隆と丸岡いずみを起用し、「サンデー」の後番組には中山秀征を起用する。
 これで番組がよくなるかは大いに疑問だが、春からテレビが賑やかにはなりそうだ。


本気でしょうか。恐ろしいですね。なぜ南原さんなんでしょう。だったら中山さんをそのままにしておいたほうが。。。
なんか、おもいっきりテレビを打ち切って、ザ・ワイドを打ち切って、あたりのグダグダが目に浮かぶ。また今年もフジに三冠王取られちゃいそうだ。
スポンサーサイト
NHK出身のジャーナリストで、いまやテレビのニュース系バラエティー番組に欠かせない池上彰氏(60)が、今年3月末でテレビのレギュラー番組を降り、特別番組に専念する意向であることが6日分かった。

 池上氏と親しい関係者によると、「レギュラー番組があるので、ジャーナリストとして海外などに行けず、足を使った取材の時間が取れないのがつらい」と話していたという。また、著書の執筆に時間を充てたいということも理由という。この関係者は「これまで通り、特別番組には出演していくと話していた」としている。

 池上氏は現在、テレビ朝日系の「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」(水曜日午後8時)にレギュラー出演中。同局は「そのような事実はありません」とコメントしている。

 難しい時事ニュースや経済用語を分かりやすい言葉で解説し、昨年の流行語大賞トップ10にも選ばれた「いい質問ですねぇ!」に象徴される、番組の仕切りの上手さからテレビ各局に引っ張りだこの池上氏。フジテレビ系では数カ月に1回のペースで「教えてMr.ニュース 池上彰のそうなんだニッポン」、テレビ東京系では「池上彰の世界を見に行く」がこれまで1回放送され、来月にも放送される予定。

 ニュースを分かりやすく伝えてきた池上氏の功績は大きいが、それも現場での取材の積み重ねがあってのこと。レギュラー番組が消えるのは寂しいが、さらなる取材で培った見識が選挙などの特番で再び発揮されるなら、視聴者は安心だ。


最近供給過多気味でしたしね。フジテレビの特番がもう一月置きになってるし。大みそかは流石に可哀そうですよね。長すぎました。ネタが被ることもあったし。スペシャルでちょうどよかったのでは?

池上さんには、もう感謝しきれないほど感謝です。なんていったって、学べるニュースを見てたら、推薦入試に受かったんだから。池上さんのおかげに他ならないです。
日本テレビ系の朝の看板番組「ズームイン!! SUPER」(月~金曜午前5時20分)が、今年3月で終了することが、分かった。番組の前身「ズームイン!! 朝!」から数えると33年目を迎える長寿番組も地デジ時代へのサバイバルを賭けた視聴率戦争には勝てなかった。

 関係者によると、番組スタッフへの発表は4日午前、番組の反省会議で行われたという。

 「ついにこの日が来たか-という感じで、みんな冷静に受け止めていましたね。昨年12月半ばころから、早朝のオンエアに常に立ち会っていた番組幹部が姿を見せなくなったことから、『いよいよか』という会話が交わされていましたから」と番組スタッフが明かす。

 4日に発表された昨年の年間視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)では、ライバルのフジテレビ系「めざましテレビ・2部」が「ズームイン!! SUPER・2部」を上回り、同時間帯トップを維持。これが編成見直しの決定打となったようだ。

 番組は2001年10月1日にスタートし、現在は羽鳥慎一(39)、西尾由佳理(33)の両アナウンサーが司会を務める。初代司会者の徳光和夫(69)が「ズームイン!」の掛け声とともにキメるポーズで人気を呼んだ前身の番組から数え、今年3月5日に33年目を迎える。日テレの長寿番組だった。

 「一昨年、『めざましテレビ』に年間視聴率で負けて以来、挽回できなかった。昨年3月には、『真相報道 バンキシャ!』などを立ち上げた局のエースを総合演出に迎えてテコ入れ。種をまき、やっと芽が出始めたコーナーもあったのですが…」と局関係者は残念そうだ。

 しかし、この間、司会の羽鳥アナをめぐる退社報道などもあり現場には微妙な空気も漂っていた。視聴率が思わしくない上、春には司会者を交代せざるを得ないため、番組そのものを衣替えしてリフレッシュを図ろうという結論に至ったとみられる。

 関係者によると、朝から昼にかけての他の番組も含めて、4月には大幅な番組改編が行なわれる見通し。レギュラー陣らを巻き込んだ“春の嵐”が日テレ本社のある汐留に吹き荒れそうだ。


残念ですね、本当に。リニューアルじゃ駄目なんでしょうか? 下手なことせずに、このままめざましに対抗してほしかった。まあ羽鳥アナの退社もあるんでしょうが、西尾アナが続けてくれるので良かった。まあどうせ名前も「ズームイン」はつくだろうし。変なことすると、一時的にでもめざましに惨敗しかねない。

さて、4月の改編は「ズームイン!」や昼の「DON!」が終わることになりました。

ズームインの羽鳥アナの後継は誰でしょう? 上重アナらへんですか? それともジャニーズ?
羽鳥アナがDON!の後継となる丸岡さんの番組に移動することとか無いんでしょうか? 羽鳥さんが宮根さんと同じ事務所になるなら、なんかありそうですよねえ。意味わからないけど。丸岡さんもいるし。コラボしてほしいな。


それにしても時代が色々あったとはいえ、夕方、はたまた朝の時間帯に中山さんを「ラジかる!」に起用したのは凄いことでしたね。今は経費削減の時代で、とてもまた朝の「ラジかる」の時間に戻れなさそうですが、出来ることなら戻ってほしかった。PONは「ラジかる」にならないんでしょうか。というか宮崎アナはどこいったんでしょう?

4月にはミリオンダイス、魔女たちの22時も終了予定らしいし。ミリオンダイス、好きだったんだけどなあ。イッテQスタッフらしいので、イッテQに専念するか、いっそ深夜にでも新しい番組を作って……土曜の11時とか? 弾丸トラベラーの前あたりで。世界は行かなくていいので日本国内で、イッテQみたいな事をしてほしい。イッテQだって元は深夜番組だし。


それにしも、不可思議探偵団とDEROが生き残る雰囲気なのがすげえ。ヘキサゴンが終わって、フジテレビがしょうもない芸人の番組とかになれば、DEROにチャンスが? 

総合司会
西尾由佳理(多分日本テレビアナウンサー)
羽鳥慎一 (多分日本テレビアナウンサー)徳光は切る。いや切ってほしい。時代に応じたリストラをしないと。レギュラーがそろそろ無くなるらしいし。そのまま隠居の方向で。つかあの人いくつだよ。
追記……羽鳥さん、日テレ退社するっぽいらしいとか、西尾さんも一緒にとか、色々噂はあるみたいですね。もし両方とも退社なら、どうなるでしょう? 羽鳥さんはきっと働き過ぎだから、24時間テレビに呼ばれないのかな。

メインパーソナリティ
本命…嵐(あの押しっぷりなら3年ぶりありえる?)
対抗…V6(TOKIOは去年、NEWSは一昨年、KATTUNは論外。関ジャニだけでは知名度が…v6は何故か2005年からのメインジャニーズ体制から一度もメインをやってないという。番組パーソナリティはあるみたいだけど2000年だし)
大穴…SMAP(2005年24時間テレビ最高視聴率の再来!? ギャラが高そう)

チャリティーパーソナリティ
本命…香里奈(1月期主演だから)
対抗…篠原涼子(復帰しましたし)
大穴…新垣結衣(可愛いから)

番組パーソナリティひと組目
本命…AKB48←もはや決定だと思う。この1年でAKBはかなり成長したのは認めざるを得ない。他の人たちも有名になってきたし。全体の知名度も少なからず上がったんじゃないかな?

番組パーソナリティ
本命…くりぃむしちゅー
対抗…イモト(イッテQベースならありえそう。好感度も知名度もあるし)
大穴…ピース(あってほしくないけどね

マラソンランナー
本命…楽しんご
対抗…AKBの誰か。
大穴…徳光和夫

どうでしょうか。結果は半年先なんですけどね。時期尚早すぎますか。

多分今年は特に嵐にしやがれのベースな気がするんですよね。嵐にしゃがれはしゃべくり007と一緒のスタッフだし。
経費削減の折、嵐はジャニーズ側の圧力とかありそうだし。紅白司会したし。
AKB48も半ば決定な気がします。まあAKBが募金列にずっと並んでいても募金金額が変わらないというは気になります。
とはいえ、障がい者のお涙頂戴はあんまり好きじゃなくて、チャレンジ企画みたいなのを増やしてほしいなあ、と。もはやここまでくると障がい者の有無は視聴率に関係ないでしょ。ダンス甲子園とかまったく関係ないけどなぜか続いてるしね。

マラソンランナーは楽しんごは走っている姿が眼に浮かぶのですが何故でしょうか。不思議とあり得る気がするのですが、流石に二年連続でランナーがおねえ系はバランス悪いですかね。

一番恐れているのはフジテレビから夏の長時間番組を事実上締め出された、島田紳助がまさかまさか24時間テレビに関係するんじゃないか、ってこと。行列と深イイ話が同じスタッフだから、そこから……。

けど島田紳介とジャニーズの相性悪そうだな。



半年後、これがどうなるか。楽しみです。

フジテレビは4日、2010年の年間視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が、ゴールデン、プライム、全日の各時間帯でNHK、民放を通じて首位となり、7年連続の「3冠」を達成したと発表した。

ゴールデン(午後7~10時)が13%、プライム(同7~11時)が12・9%、全日(午前6時~翌日午前0時)が8・3%だった。各時間帯とも2位は日本テレビだった。[2011年1月4日11時49分]





正月三が日のテレビ番組を制したのは、箱根駅伝-。ビデオリサーチによると、1月1~3日の平均視聴率(関東地区)でトップだったのは、早稲田大が往路優勝の東洋大とデッドヒートを繰り広げ、総合優勝を果たした 「東京箱根間往復大学駅伝競走・復路」(日本テレビ、3日午前7・50~)の29・5%だった。

これは平成17年(29・9%、駒沢大総合優勝)以来の高視聴率。2日の往路は25・1%で、昨年の27・2%を下回った。

駅伝に続いたのは、元日に放送されたドラマ特番「映画・相棒-劇場版II-・大ヒット公開中記念! 相棒Season9・元旦スペシャル」(テレビ朝日、元日午後9・0)で、19・3%をマークした。

テレビ朝日は2日の「夢対決2011とんねるずのスポーツ王は俺だ!5時間スペシャル!・第2部」(午後7・0)の17・0%、元日の「芸能人格付チェック!これが真の一流品だ!2011お正月SP」(午後6・0)の15・1%も高視聴率を挙げ、同局の特番の好調が目立った。

このほか、2日は「行列のできる法律相談所恐妻家SP第9弾」(日本テレビ、午後9・0)が14・6%。3日は「お試しかっ!&Qさま!合体SP・第3部」(テレビ朝日、午後8・20)が15・6%、「東野圭吾ミステリー新春ドラマ特別企画・赤い指・新参者・加賀恭一郎再び!」(TBS、午後9・0)の15・4%と続いた。


フジテレビ、三冠王おめでとうございます。今年こそは日テレが三冠王だと思ったのですが。平日七時台がネックなんでしょうか。
それにしてもフジテレビの年末年始のやる気のなさは以上ですね。三冠王の名が廃る体たらくです。
キラーコンテンツはずの「サザエさん」のドラマが11.0%とはまったく。最初の1時間がアニメで、そのアニメが通常通りの20%を取っていたら、ドラマ部分はどうなっているんだろう? 
イッテQ、もうちょっと取ってほしい。あれはそこらの高視聴率番組よりよっぽど造りがしっかりしてると思うんだけどなあ。

「箱根駅伝」まったく衰えを知らないというか。今まで箱根駅伝なんて興味無かったんですが、やっぱ母校が出来ると、応援してくなるんですよね。往路前半で好調だった日本大学が復路で最下位とは分からないものですね。



相棒凄い。つかテレビ朝日絶好調だな。日テレとテレ朝の二強で良いです。フジテレビは韓国に移転でもしていてください。

去年の真ん中らへんから著しくフジの地位低下というかなんというか……
言いたくないけど、本当に韓国の陰暗パワーというのが。流石に色々とやり過ぎている部分があるし、全てが空回りしている印象。特に新設ドラマ枠とか。バラエティ新番組とか。今までフジって他局の企画をパクッてあたかも自分のものにするような感じがするけど、それも最近は出来なくなってる感じだし。

日テレやテレ朝あたりが、7時台に本気を出せば、フジテレビなんて簡単に潰れそうだけどなあ。
というかTBSもさりげ去年末から復活ぎみ。4月の「JIN‐完結編」で一花咲かして、フジテレビの裏のドラマを「レガッタ」や「紙の雫」なみにボッコボッコにしてほしいです。

はい。すみません。フジテレビ、だいっきらいなんです。

【745ポイント付】 神の雫 1-27巻 全巻 連載中 ...

【745ポイント付】 神の雫 1-27巻 全巻 連載中 ...

価格:14,959円(税込、送料込)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。